読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美人魚(人魚姫)

映画

周星馳の映画『人魚姫』を観た。チャウ・シンチー、以前はそんな好きではなかったけど、慣れてしまうと好きになる。

ウディ・アレンの映画が金太郎飴のごとくどの映画を観てもウディ・アレンなのと同様に、否、この映画はさらに細かく、金太郎アメのごとくどのシーンを見てもチャウ・シンチーだった。それに、冒頭から終わりまで、小さい子供から年配者まで誰が観てもわかるように作ってあるのがすばらしいかった。ラジオでライムスターの宇多丸さんはそうは言ってなかったけれども、何の話しかわからなくて途中まで誰にも感情移入できないとかなんとか。誰が観てもわかるはわたしの過信なのか?

まず、冒頭の環境破壊や魚の乱獲映像で大きなテーマを思わせぶりに提示、次に、くだらなさが最高!のUMA博物館で映画タイトルである人魚姫とはなんぞやを定義、それを踏まえて物語が始まる。これに関しても宇多丸師匠は全くストーリーとは関係ないけどおもしろい的なこと言ってたな。アンデルセンの人魚姫を知らなくてもこのシーンを見れば人魚姫が何かわかるはず、だからわざわざこんなシーンをぶち込んでると思うのだけども。ストーリーと関係ないかもしれないが、絶対的になくてはならないシーンのはず。

物語は、アサシンとして送り込まれた人魚姫と悪趣味成金青年とのなんやかんやをメインに、美脚悪女やタコ兄貴の厄介ごとをサブとして、予想できるベタな笑いとやり過ぎ感半端ない笑いと予想外の笑いに笑わずにはいられないにも関わらず進んでいく。まさに抱腹絶倒。でも話しがぐーんと進むと変な方向に、美脚悪女とマッドサイエンティストが良からぬことを……ひと言で言ってしまうと大・殺・戮!?

とはいってもチャウ・シンチー、観終わった後はすごくいいもの観たな、という気分にさせてくれた。ちょっとした幸福感、「いやー、映画って本当にいいもんですね」と言いたくなる感じ。

タコ兄貴を演じているのはお馴染み、小豬ことショウ・ルオ、台湾出身のタレントで歌手としても散々ではなく沢山CDを出していて、日本語も話せて、かつて「アジアのダンス・キング(亞洲舞王)」と言われた男。じつはタコ兄貴には一切期待してなかったのだけど、身体を張った芸に泣けるぐらい笑ってしまった。それとex.EXOのクリス・ウーが客演。でもほんのちょっとなのでファンは期待するなかれ。それよりも『西遊記〜はじまりのはじまり〜』の続編で、今年のアジアの正月映画として公開されたツイ・ハーク監督の『西游·伏妖篇』に期待を、なんと言っても三蔵法師役!主役!

ともかくとても楽しめた映画だった。これぞエンターテイメント、監督チャウ・シンチーはすごい。そんなチャウ・シンチーペンネームにしている彼もすごいなと改めて思う、まだ本は読んだことないけどリスペクト、馳星周

 

www.tbsradio.jp

攻殻機動隊

アニメ版『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(S.A.C.)を今さらだけど視聴中。

押井守の映画版すら観てなくて、こういうやつなのかと、「貝殻の中のゴースト」の意味をなんとなく理解する。押井守のアニメ映画は子供のころに映画館に観に行ってるわたしなのに、どうしてこの方面のアニメを全然観てこなかったのかと、自分でも不思議。とは言っても、観に行った押井守のアニメ映画って『うる星やつら』と『うる星やつら2』(トラ柄ビキニのセクシィな異星人ラムちゃんが主役の高橋留美子原作のアニメ)。

まだ途中だけど、このアニメを観てて、今度公開される実写版の主役が日系俳優ではないのが心底残念。予告編見る限り日本というかアジアっぽいとこが舞台か?どうせなら日米合作で作って欲しかった。よりありそうな未来の日本を具現化して欲しかった。いくら何でもあれはない、芸者とか、芸者とか、芸者とか。

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン

アジア系アメリカ人ピーター・トライアスの小説『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』を読み終えた。

表紙が巨大ロボットの絵でロボットメインの話かと思いきや、それは設定の一部に過ぎなかった。第二次世界大戦を日本とドイツが勝っていたらというストーリーで、そこには今の日本人から見て決していい国だとは言えない日本合衆国があった。戦前の日本ってこういう感じだったのかもと思わずにはいられなかった。1988年の日本合衆国が舞台で主人公はアメリカ生まれの日系アメリカ人の子どもたち、日系日本人一世。

なぜ1988年だったのか、と不思議に思ってたんだけど後書きを読んでわかった。1979年生まれの著者が8歳から2年間韓国で過ごしたことがこの本の出発点になったと書いてあった。だいたい1987〜1989年ということ。88年は韓国で初めてオリンピックが開催された年で、それを機に韓国が変わったと聞いたことがある。オリンピック以前は一般の女性は化粧すらしていなかったと、今では男性アイドルが化粧しているのが普通の時代で、今の若い韓国人には考えられないだろうね。もちろん日本文化も一切禁止されていたはず。その頃の日本はというとバブル時代。だから最初に1988年というのを見たとき、バブリーな日本合衆国が描かれているのかとちょっとドキドキしたけどもちろん全然そんなんじゃなかった。

この小説で一番気に入っているのはエピローグを読んで全てがすっと理解出来るところかもしれない。そこでこのストーリーの美しさを感じられた。もちろん巨大ロボットや携帯ガジェットはとても日本的で、そういうのがあったかもしれないと思わせてくれるのは素晴らしい。

歴史改変小説については友人から教わっていたけど、読んだのはこれが初めてで、こんなおもしろいものだとは思わなかった。実は歴史に疎いので歴史改変小説は読んでもあまり理解出来ないと思っていた。でもそんなことはなかった。

この小説の精神的正編のフィリップ・K・ディックの『高い城の男』も是非読まなくては。あと友人にかつて勧められたキム・スタンリー・ロビンソンの『The Years of Rice and Salt』(残念ながら日本未翻訳)も。

f:id:rs149:20170109130620j:image

コングレス未来学会議

映画

スタニスワフ・レムの小説が原作の映画を観た。『ソラリス』の原作は読んだことあるけど、こっちの原作は読んだことない。たぶん原作の核心的な部分はちゃんと表現出来てるのだろうと想像はする。そこで、こんな小説は読みたくないと思った。いつか読んでみたいと思っていた小説だけど。

劇中でも言及している『プリンセス・ブライド・ストーリー』や『フォレスト・ガンプ』のロビン・ライトロビン・ライト役で主演。フルCG映画『ベオウルフ/呪われし勇者』にも出てたから、なのか?俳優が本人役で出演している映画はときどきある。でもすぐに思い出せたのは『マルコヴィッチの穴』と香港映画でサモ・ハン・キンポーツイ・ハークが本人役で出てた『桃姐』(日本語タイトルは失念)だけ。サモハンもツイ・ハークもメインのストーリーとはあまり関係ないからこっちはどうでもいいか。

マルコヴィッチの穴』でジョン・マルコヴィッチでないといけなかったように、この映画でもロビン・ライトでなければならなかったのだろう。やっぱりフルCG映画『ベオウルフ』に出演していたから?

途中からアニメになってて、ドラマ『フリンジ』でもアニメになったりする部分があったのを思い出した。あれも現実ではない部分でのアニメ使用だった。

映画の感想はというと、正直なところ、つまらなかった。唯一この台詞だけが残った。アニメ部分における主人公とホテルのルームサービスの女性(声のみ)のやり取りでのルームサービスの台詞。

 

「究極的にはすべてが気のせいです」

 

生活全般これに尽きる気がしてきた。そう思うのも気のせいだとは思うけれど。気の利いた2017年を送れることを願いつつ。

ウォーカロン

Dose She Walk Alone?という英訳タイトルがついている森博嗣の小説『彼女は一人で歩くのか?』を読んだ。

やんわりと23世紀を舞台にしているSF小説。失った部分を機械に置き換えた『ロボコップ』のようなサイボーグや『プロメテウス』に出てくるデヴィッドのようなアンドロイドを軽く飛び超え、AIの未来形を垣間見ることができるウォーカロンが出てくる。ウォーカロン(walk-alone)とは単独歩行者、人工細胞でつくられ人工知能が吹き込まれた生命体のこと。見た目は人間と区別がつかない限りなく人間に近いの存在。

幹細胞という言葉を耳にするようになって久しい現在、実際に見たニュースではips細胞でマウスの背中に人間の耳を培養したというのもあったし、200年後ならウォーカロンのように人工細胞で人間らしきものを培養、生産することも十分にあり得ることだと思う。

ページを開くとまずフィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』から引用文、各章の冒頭にも同じく。

引用文から推測されるように、人間とは何かに結局は行きつくけど、それを考える意義があることを再認識させてくれる。

どうすればいいのやら

困った。何もかも中途半端感半端ない。

毎日のストレスは度を超しすぎ。

どうすればいいのやら。

子熊について

關於小熊

彼らはスターバックスで何枚か一緒に写真を撮った

鮮やかなハイビスカス色の上着を着て

あの時の子熊の表情はちょっぴりぎこちなかった

そのから彼らの生活はいつも子熊とともにあった

 

關於小熊より

 

關於小熊

關於小熊

  • 蛋堡
  • 中国ヒップホップ
  • ¥200